ad

世界中で大ヒット!「ボヘミアン・ラプソディ」やクイーンだらけのイギリス聖地を紹介!

ヒューマンドラマ
出典:https://eiga.com/movie/89230/

世界中で大ヒット!伝説のロックバンド「クイーン」の軌跡を描いた、
映画「ボヘミアン・ラプソディ」

撮影地が多いイギリスについて、ロケ地はもちろん、今回は観光地やグルメ、
お土産スポット含めまるごとクイーンに関連したものになっています!

映画をみて気になった方はもちろん、ずっとクイーンが好きな方も必見ですよ!

映画を視聴するにはこちらから

ad

『あらすじ』

1985年7月13日。「クイーン」のボーカリストの彼は、
20世紀最大のチャリティーコンサート「ライブエイド」の会場に向かっていた。

会場であるスタジアムには、大勢の観客が歓声をあげて待っていた――

彼の名はファルーク・バルサラ。
のちに自らを「フレディ・マーキュリー」と呼ぶようになる。

フレディは地元のロックバンド「スマイル」のメンバー、ブライアン・メイ、
ロジャー・テイラー、そしてジョン・ディーコンとともに「クイーン」を結成。

音楽番組、米国ツアー、そして「ボヘミアンラプソディ」の大ヒットで
世界中に名が知れ渡るのだった。

一躍スターになったフレディ。

しかし、恋人のメアリーにプロポーズを受けてもらっている一方で、
自身の中のセクシュアリティに疑問を持ち始めるのだった…。

『主な出演者』

ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー/ファルーク・バルサラ)、
ルーシー・ボイントン(メアリー・オースティン)、グウィリム・リー(ブライアン・メイ)、
ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー)、ジョー・マゼッロ(ジョン・ディーコン)、
エイダン・ギレン(ジョン・リード)、アレン・リーチ(ポール・プレンター)、
トム・ホランダー(ジム・“マイアミ”・ビーチ)、マイク・マイヤーズ(レイ・フォスター)、
アーロン・マカスカー(ジム・ハットン)ほか

フレディ・マーキュリー役のラミ・マレックは約1年間役作りをしたそうです…!
パフォーマンスの様子や、ふとしたしぐさも似てると大絶賛でしたね…!
この役で見事2019年のアカデミー主演男優賞を受賞しました!

『映画の舞台・ロケ地』

さて、ここからはさっそくイギリスにある映画のロケ地を紹介いたします!

 

1.Rutland Arms(ラトランドアームズ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

28.Nov.2019 ・ ・ ① テムズ川沿いの素敵なレストランパブ「THE RUTLAND ARMS」 見覚えありませんか? ・ ② そうです! 映画「ボヘミアン・ラプソディ」で、QUEENの4人が初めてジョン・リードとポール・プレンターに会うシーンのロケ地です。 ・ ③ ラミ・マレック演じるフレディが登場するドア。 ・ ④ 二階建てです。 ・ ⑤ カウンターは賑やかです。 ・ ⑥ 私達はこちらの部屋でランチをいただきました???? ・ ⑦ クラフトビール(オレンジピール入で飲みやすくめっちゃ美味しい????ランチにぴったり♪)とサラダ。これが嬉しかった????モントルーもロンドンも野菜が乏しいのです????きゅうり、トマト、マッシュルームとグリーンピースばかり????日本は、なんて美味しい野菜が豊富なんだろうと感心しました。日本の農家の方に感謝です????✨ ・ ⑧ イギリスと言えば「Fish&Chips」 イギリスではChipsは日本で言うところのフライドポテト。そして日本で言うポテトチップスをイギリスではCrispsと言います。 現地ガイドさん曰く、ここのFish & Chips がいちばん美味しいとのこと。 うん!確かに美味しい!美味しいけど…正直、日本人にはHeavyかな???? ・ ⑨ テムズ川の風景はとても素敵です。 100年以上前のターナーが描く風景と変わらないところが感動します✨この橋はハマースミス橋です。1824年テムズ川にかかる最初の吊り橋で、現在の橋は1887年に開通した2代目です。 ドリカムのアルバム写真に使われてるそうです。 ・ ⑩ このハマースミス橋の吊り橋を支える部分。 ・ ・ #bohemianrhapsody #rutlandarms #hammersmith #hammersmithbridge #london #uk #england #europetravel #ramimalek #gwilymlee #benhardy #josephmazzello #aidangillen #allenleach #fishandchips #riverthames #photooftheday #picoftheday #instagood #instagram #instalike #instadaily #pub #写真#queen

kaz(@dorago03)がシェアした投稿 -

テムズ川沿いにあるパブ。

こちらはクイーンのメンバーが初めてジョン・リードとポール・プレンターに会うシーン
出てきました!

こちらのお店のおすすめはフィッシュアンドチップスなんだそうです。
ぜひ映画のシーンのようにテラス席に座り、食事をしてみてください!

ここから見えるハマースミス橋の眺めもきれいですよ!

Rutland Arms(ラトランドアームズ)の住所
7Rutland Arms, 15 Lower Mall, Hammersmith, London W6 9DJ イギリス

 

2. Stockers Farm(ストッカーズ・ファーム)


お次はなんと農場です!

ここでは「ボヘミアンラプソディ」の曲が制作されるシーンで使われました。
何度も「ガリレオ!」の声の収録したあの有名なシーンです。笑

実際の映画でも出てきましたが、本当に緑豊かな場所のようです…!

収録の様子を撮影したスタジオは納屋を改造してつくったんだとか。

ちなみに本当にクイーンが収録に使った場所はリッジファームとロックフィールドというところで、
映画とはまた違う場所だったようです!

Stockers Farm(ストッカーズ・ファーム)の住所
Stocker's Farm, Rickmansworth WD3 1NZ イギリス

 

3.Hatherley Gardens(ハザーレイガーデンズ)

続いてこちらの広場!

レコード会社(EMI)に向かってクイーンが石を投げるシーンです。

割れた窓からのぞいた時に4人が立っていたのが
ちょうど写真にもうつっている噴水の前あたりでしたね!

実際の場所は、カフェや文具店などのおしゃれなお店に囲まれた場所になっています!

Hatherley Gardens(ハザーレイガーデンズ)の住所
Hatherley Gardens Crouch End, Londonイギリス

 

『周りの観光スポットやツアー』

さて、ここからはイギリスにある、クイーンの聖地をまわっていきましょう!

 

.Gaden Lodge(ガーデンロッジ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

迷いながらガーデンロッジに到着???? 感無量です???? #ガーデンロッジ #フレディマーキュリー

Kuni(@kunisakura)がシェアした投稿 -

まずはフレディの最期の家、ガーデンロッジです。

フレディが息をひきとるまで、こちらの家に居たといいます。
この場所は現在メアリーが相続し、住み続けているみたいです。

今でもクイーンのファンが大勢訪れているそうですよ。

Gaden Lodge(ガーデンロッジ)の住所
1 Logan Pl, Kensington, London W8 6DE イギリス

.Imperial College(インペリアル・カレッジ)

お次はこちらの学校です。

このあたりはブライアン・メイが通っていた「インペリアル・カレッジ・ロンドン」があったり
クイーンの前身バンドであるスマイルの活動拠点だった「インペリアル・カレッジ・ユニオン」
あります。

ここには写真にもあるプレートが飾られています!
「クイーンがはじめてパフォーマンスをした場所」の証なんです!ぜひ探してみてください!

Imperial College Union(インペリアル・カレッジ・ユニオン)の住所
Prince Consort Rd, South Kensington, London SW7 2BB イギリス
Imperial College London(インペリアル・カレッジ・ロンドン)の住所
Exhibition Rd, South Kensington, London SW7 2BU イギリス

二つともすごく近い場所にあるので散歩しながらぜひプレートを探してみてください!

 

3.Wembley Stadium(ウェンブリー・スタジアム)

 

この投稿をInstagramで見る

 

November 6, 2019 イギリス旅3日目 朝から聖地ウェンブリースタジアムへ。 サッカーイングランド代表のホームスタジアム。 そして、クイーンが伝説のライブを行った会場。 Inglaterra día 3 Desde la mañana hasta el estadio Holy Land Wembley. Representante local del estadio de fútbol de Inglaterra. Y el lugar donde la Queen realizó el legendario concierto. #ウェンブリースタジアム #ウェンブリー #イギリス #イングランド #イギリス旅行 #ロンドン #サッカー #フットボール #スポーツ #スタジアムツアー #WembleyStadium #Wembley #UK #England #London #ViajesBritánicos #Londres #Fútbol #Deportes #EstadioTour @wembleystadium

Akito Nishiuchi????????(@akito._rock_n_sports)がシェアした投稿 -

こちらも外せません!実際のチャリティーコンサート「ライブエイド」の会場でもありました、
ウェンブリースタジアムです!

今ではサッカーの聖地ともいわれているそうです。

映画では、当時のスタジアムを表現するため別の場所で撮影されたようですが、
ライブエイド自体はここで行われたことは間違いありません!

Wembley Stadium(ウェンブリー・スタジアム)の住所
London, ウェンブリー Wembley HA9 0WS イギリス

 

『現地の食べ物・おみやげ』

ロケ地・クイーンの聖地をまわってきましたが、お腹も空いてきましたね。

それにせっかくなのでグッズも買ったりしてみたいですよね…ということで、
ここからはグルメとお土産情報をみていきましょう!

こちらもクイーンに関連した場所をまとめてみました!

 

.Moulin Cafe(ムーランカフェ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

New shop front!! Thankyou for the use of your picture Andrew Georgiades!!!

GeorgeGeorgiades(@georgemoulin63)がシェアした投稿 -

まずはこちらのムーランカフェです!

さきほど紹介したウェンブリースタジアムから近いところにあるので、ぜひ寄ってみてください!

さて、こちらのカフェのどこがクイーンと関係しているのかといいますと…

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

GeorgeGeorgiades(@georgemoulin63)がシェアした投稿 -

店内に沢山クイーンの写真やポスターが飾られているのです!

実はマスターがクイーンの大ファンなんだそう。

実際行ってみると、コレクションの数は本当すごいみたいですよ!
よっぽどファンなんですね…!

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

A lovely #weekend with #brunch ☕️

Crystal Liao(@llmy1104)がシェアした投稿 -

ご飯ももちろんおすすめです!ハンバーガーからチキン、
パスタにデザートまで種類は様々あって、どの料理もボリュームが凄いんだとか…!

味も、日本人にもぴったりな味付けだったという感想を結構みかけましたよ!

ぜひこちらでゆっくり腹ごしらえをしてみてください!

Moulin Cafe(ムーランカフェ)の住所
139 Wembley Park Dr, Wembley Park, Wembley HA9 8HQ イギリス

 

.IT'S ONLY ROCK'N' ROLL(イッツ・オンリー・ロックンロール)

ではここからはお土産を探していきましょう!

シャーロックホームズで有名なベイカーストリート近くにあるのは
「イッツ・オンリー・ロックンロール」というお店!

名前からわかるように、クイーンの他にもKISS、ローリングストーンズなど</span
いろんなロックバンドのグッズを販売しています!

Tシャツやパーカーやポストカード、マグカップなど…
実際にお店に並んでるところで買えるのは貴重かもしれません…!
プレゼント用にもよさそうですね!

観光客でも入りやすいようですので、ぜひ記念に立ち寄ってみてはいかがでしょう!

IT'S ONLY ROCK'N' ROLL(イッツ・オンリー・ロックンロール)の住所
230 Baker St, Marylebone, London NW1 5RT イギリス

 

.Richard Young Gallery(リチャード・ヤング・ギャラリー)

続いておすすめするお土産やさんは…
こちらのギャラリーです!

クイーンの公式写真家 リチャード・ヤングさんがこれまで撮ってきた写真たちが
沢山飾っているんです。

公式写真家というだけあり、ライブや映像撮影以外にも、
フレディの家で開催されるパーティーでも撮影を任されるほど!
ここでしか見ることのできない貴重な写真が沢山あるそうです!

そしてなぜこちらの場所を「お土産スポット」として
紹介されていただいたのかといいますと…

 

なんと、その飾られている写真のほとんどが購入できてしまうからなのです!

デジタル、または手焼き、そして大きさで値段は変わるそうですが、
沢山買ってしまいそうですよね…!

リチャードさんしか撮影することのできなかった、
いろんな表情のクイーンをぜひ観に行ってみてください!

Richard Young Gallery(リチャード・ヤング・ギャラリー)の住所
4 Holland St, Kensington, London W8 4LT イギリス

『交通機関』

さて、沢山のスポットを紹介してきましたが、交通機関について紹介します!

今回紹介した場所は、バス停や地下鉄が近くにあるため、
バスや地下鉄を使用して移動するのがおすすめです!

フレディは見晴らしのいいバスの一番前の席に座ることが好きだったそうです。
そんなフレディになりきってバスで移動するのもいいかもしれませんね!

ロンドン観光で持っておくとおすすめなのが、
「オイスターカード」というこちらのカードです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

もう少し、イギリスの旅メモ、続きます。私は日本でも乗り物が苦手。方向音痴で気が小さいから、人に道を聞くのも苦手。タクシーに一人で乗るのはドキドキするし、バスは日本みたいに行き先やバス停がわかりやすくなかったりするから、乗れるけど、降りる場所がわからないとか。ボーンマスとロンドンではバスの乗り方が違うみたい。ボーンマスでは行き先を言って、お金を払って乗るけど、ロンドンではオイスターカードをピッ。私はバスに乗るなんて発想がまずなかったけど、一緒に行った、私ほど英語のできない仕事仲間がバスを有効活用していてびっくり。地下鉄より安いし、乗り換えずにいける場所多くて便利だよ〜と❗️すごい、本当に。留学でも仕事でも旅行でも、海外に行くなら、語学ができるに越したことはないし、できれば便利だし、なんとかなることも多いんだけど、海外生活が上手くいくか、海外生活に早く馴染めるかどうかって、語学力だけではないと、改めて実感????バス、乗ってみると、地下鉄よりキレイで明るくて、しかも安くて◎地下鉄はバスより簡単だけど、危ないことはないと思うけど、やっぱりちょっと暗かったりすると、ひとりは怖いかなと思うこともあるので。 ・ #オイスターカード #ロンドンのバス #イギリス #ロンドン #留学アドバイザーの旅 #イギリス旅行

A& ✏︎ Studygram(@a.style.eng)がシェアした投稿 -


こちらはロンドンの中で走っている公共交通機関のほぼ全部で使用できるんです!

バスは現金が使えず、こちらのカードのみ使用できるので必須ですね。

しかも、切符の半額近くの料金利用できたり、上限金額まで利用すると
それ以上はかからないなどお得なところも!

地下鉄の券売機などで購入できます。機械は日本語案内もあるので
購入しやすいのもうれしいですね!

『オススメのホテル・航空チケット』

では最後にホテルと航空チケット情報です!

オススメホテルの予約はこちらから


 

オススメ航空チケット・バスの予約はこちらから


『まとめ』

今回、イギリスの有名な観光地やグルメ紹介ではありませんでしたが、
聖地巡りをしてみるのも面白そうだなと思い、
映画やクイーンに関する場所を沢山紹介させていただきました!

現在(2020年9月時点)はコロナの影響で中断されているようですが、
クイーンの聖地をまわるツアーもいくつか開催されているようなので、
自分でまわるのが心配な場合はそういったツアーに参加するのもいいかもしれませんね!

ぜひクイーンが生まれたイギリスの空気を直接感じてみてください!

以上、「ボヘミアン・ラプソディ」、クイーンの聖地紹介でした!

映画を視聴するにはこちらから

フツウ

コメント 記事の感想やライターさんへの応援メッセージを送ろう!

タイトルとURLをコピーしました