ad

映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』ロケ地は栃木!イタズラが終わらない旅をしよう♪

コメディ
出典:https://eiga.com/movie/53356/

悪くないイタズラ?!を仕掛ける高校生と仕掛けられたはずが仕掛ける側になる駐在さんとの、お茶目で笑いが溢れるゴタゴタを描いた2008年公開の映画『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』

一般の方のブログが原作だったって、ご存じでしたか?

もともと面白い原作にチョイスがナイスな挿入歌のエッセンスや、ユーモアあふれる演技がプラスされて面白さが倍増した本作!

今回は、そんな笑い溢れる作品の舞台となった栃木県の那須烏山市をご案内します♪

ad

『あらすじ』

のどかな田舎町では、遊び場が少ない。

遊び盛りでイタズラ盛りである高校生の愛称ママチャリは、そんな退屈な日々をイタズラを考えることで凌いでいた。

巷では悪ガキとして名前が知れており、ちょっとした有名人であるママチャリ。

そんな、ママチャリが考えるイタズラは意外なことに誰も傷つかず思わず笑ってしまうような内容。

仲間とともに考えたイタズラを町内に仕掛ける中、駐在さんに仕掛けたイタズラにより終わりの見えない戦争が幕を開けることになるー。

\この映画が好きなあなたにおすすめの作品/

『主な出演者』

監督:塚本連平

出演者:市原隼人(ママチャリ)、佐々木蔵之介(駐在さん)、麻生久美子(加奈子)、石田卓也(西条)、倉科カナ(和美)、加治将樹(孝昭)、賀来賢人(グレート井上)、冨浦智嗣(ジェミー)ほか

今や、飛ぶ鳥を落とす勢いの人気俳優となった賀来賢人さんも出演されている本作。

若々しい見た目とフレッシュな演技は、現在の変顔奇行?!イケメン俳優の面影はありません。笑

他にも、そうそうたるメンバーの若々しい姿を見ることが出来る本作は、貴重な作品です! 

『映画の舞台・ロケ地』

ここからは、映画の舞台となった栃木県のロケ地3か所ご紹介します!

映画を思いだしながら、見てみてくださいね♪

芳賀町消防センター第二分団第三部(はがまちしょうぼうセンター)

栃木県の芳賀町にある、消防小屋

本作のメインスポットとなる、駐在所として撮影するために使用された場所です。

なんと、駐在所として存在していたのは消防小屋!

違和感が全くなく、初めから駐在所としてあるかのような佇まいに関心してしまいます。

住所:栃木県芳賀郡芳賀町大字芳志戸1380-3

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hatch(@nao_hatch)がシェアした投稿

アルバトロス

烏山駅からすぐの場所にある喫茶店

駐在さんの奥様が、アルバイトをされているシーンの撮影などで使用された場所です。

まるで、ジブリを思わせるような外観が目を惹くレトロな可愛いさ

劇中では、店内にBGMが流れていましたが実際もBGMが大音量で流れているそうです。笑

また、店内には骨董品店と見紛うほどのアンティーク品が散りばめられていますが、バラバラなのに纏まりがある素敵なセンスが溢れ真似したくなるインテリアになっています。

住所:栃木県那須烏山市南2-3-4

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryohei Sawada(@sawadari0203)がシェアした投稿

烏山駅(からすやまえき)

JR烏山線の最終着駅

大事な人である、美奈子さんを送ったシーンが撮影された場所です。

烏山市内の入り口のミニマムな駅です。

駅構内には、JR烏山線の七福神のパネルが展示されていてご利益がありそうな仕様となっています。

住所:栃木県那須烏山市南2-5-6

 

この投稿をInstagramで見る

 

田中宏明(@mushokuneetcch3)がシェアした投稿

『周りの観光スポットやツアー』

ここでは、撮影地周辺の観光スポット2か所ご紹介いたします。

迫力ある滝や、歴史を感じる城跡へレッツゴー♪

竜門の滝(りゅうもんのたき)

烏山市内の、『竜門寺』境内にある滝

1段2段と分かれた滝が深い滝つぼに勢いよく流れ落ちる様子は、ハッと息を飲む迫力があります。

紅葉が色付く秋頃が、訪れる最適なタイミング

最高のフォトスポットになること間違いなしです!

また、滝駅から徒歩5分ほどの位置にある竜門の滝。

滝上に電車が通る時間帯には、とても素敵な瞬間を目に入れることができます。

住所:栃木県那須烏山市滝414

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nao(@nao_k__)(@nao_k__)がシェアした投稿

烏山城跡(からすやまじょうせき)

武将として、室町時代を闘い生き抜いた那須資重(なすすけしげ)が城主だった烏山城の跡地

石垣の積み方で、時代の違いを見抜くという楽しみ方も歴史好きの方にはあるそうです。

すごいですね、、、強者です!

現在は杉山と化していますが、かつて日本に実在した武将たちの息吹を感じられるスポットとして人気観光名所の1つとなっています。

※個人様の所有地ですので騒音には十分にお気をつけください。

住所:栃木県那須烏山市城山

 

この投稿をInstagramで見る

 

スージー(@sin1979.0214)がシェアした投稿

\ぜひ見てほしいこの映画もあなたにおすすめ/

『現地の食べ物・おみやげ』

ここでは、現地のおすすめの食べ物やおみやげをご紹介します。

今回は、2か所素敵なおそば屋さんと和菓子屋さん

是非とも、足を運んで現地の美味しい味に舌鼓を打ってくださいね♪

手打ちそば処 はん田(てうちそばどころ はんだ)

烏山市内にある、十割そばと二八そばが味わえる家庭的な雰囲気のおそば屋さん

細打ちのおそばは、程良くつゆに絡み何枚でも食べたくなるのど越しの良さ。

サクッと揚がった天ぷらとの相性も抜群で、お腹を満たしてくれます。

また、メニューにはシャリの部分がそばになっている『そば寿司』なるものもあり、珍しいそばを召し上がりたい方にもおすすめのお店です。

住所:栃木県那須烏山市上境358

 

この投稿をInstagramで見る

 

shino(@shino._.1111)がシェアした投稿

和菓子処 美与志堂(わがしどころ みよしどう)

烏山市内にある、人形焼きが名物の昔ながらの和菓子屋さん

JR烏山線のイメージキャラクターである七福神をモチーフにした縁起の良い人形焼きや、鮮やかで透き通る色合いが印象的な生菓子などが販売されています。

お値段は人形焼きが1個100生菓子は1個180円からとお手軽な価格!

現地ならではの手作りの和菓子を、お土産に持ち帰ってみてはいかがでしょうか?

住所:栃木県那須烏山市中央2-3-18

『交通機関』

今回ご紹介した、撮影スポットや観光名所へは『JR烏山線』で向かいましょう。

撮影スポットの最寄りの駅は『烏山駅』、観光スポットの竜門の滝へは隣の『滝駅』を利用することで訪れることが出来ます。

『オススメのホテル・航空チケット』

おすすめホテルの予約はこちらから



 

おすすめ航空チケット・バス・電車の予約はこちらから



 

『まとめ』

今回は、笑いが絶えないイタズラと高校生と駐在さんのユーモア溢れる攻防を描いた『ぼくたちと駐在さんの700日間戦争』の舞台である栃木県をご紹介しました。

伸び伸び過ぎるほどのイタズラを仕掛ける、高校生のアグレッシブさ。

そんなイタズラっ子の高校生たちを、自然溢れるのどかな栃木県烏山市の景色が受け入れてくれていたのでは無いかと思うほど、全てを包みこむような雰囲気が漂う場所だと思います。

是非、レトロと可愛さと優しさが感じられる烏山市内へイタズラ探しの旅に向かってみてください♪

muvimaru

コメント 記事の感想やライターさんへの応援メッセージを送ろう!

タイトルとURLをコピーしました