映画「モアナと伝説の海」の舞台!タヒチ「ボラボラ島」魅惑のビーチ

ミュージカル

映画「モアナと伝説の海」は2016年(日本では2017年)に公開されました。モトゥヌイ島の村長の娘モアナが、島の危機を救うため海を超えて冒険します。多彩なグラフィックが美しいファンタジー作品です。モアナはディズニー初のポリネシア系ヒロインとしても注目されました。挿入歌「どこまでも~How Far I'll Go~」は屋比久知奈さんの歌唱で人気となりました。

今回はそんなモアナの住む南の島、モトゥヌイ島のモデルとなった「サモアのボラボラ島」をクローズアップ!ポリネシアの伝統やグルメなどなど魅力をいっぱいご紹介します。

ad

あらすじ

主人公モアナが暮らすのは、太平洋のモトゥヌイ島。「珊瑚礁を超えてはいけない(外洋に出てはいけない)」という掟があった。

あるとき、島から魚が消え、作物が実らなくなった。モアナは島の掟を破り外洋へ渡りたいと提案するが、父である村長トゥイは許さない。島を守りたいモアナに祖母のタラは海の伝説を語りだす。

1000年前。女神テ・フィティは世界に島や自然や動物を創造した。しかし女神の宝「テ・フィティの心」という美しい石が盗まれた。そして魚がいなくなり、作物が育たなくなった…。モアナは島を救うため、伝説の石を女神に返す冒険に出る…。

\圧巻の歌と映像、感動アドベンチャー/

主な出演者

監督:ジョン・マスカー、ロン・クレメンツ

声の出演:
屋比久知奈(モアナ)
尾上松也(マウイ)
夏木マリ(タラおばあちゃん)
ROLLY(タマトア)
安崎求(トゥイ)

主人公モアナ(成人)の声を担当した屋比久知奈さんは当時は芸能人ではなく、ごく普通の大学生でした。しかし彼女の歌唱力は非常に高く、審査時に披露した主題歌のわずかな一節だけで審査員の心を射止めました。

圧巻の歌唱力に加え大学生というフレッシュな気持ちがモアナの冒険への不安と期待がリンクしたのでしょう!彼女の素晴らしい歌唱力にも注目してください!

映画の舞台・ロケ地

「モアナと伝説の海」の舞台となる「太平洋の島モトゥヌイ島」はサモアやフィジー、タヒチなどのポリネシア諸島をモデルにしたといわれています。

ボラボラ島

映画「モアナと伝説の海」の舞台にもっとも近いといわれるタヒチボラボラ島です。

豊かな緑と透き通った青い海はまさにモアナが育ったモトゥヌイ島です。

ボラボラ島 アウトリガーカヌー

モアナが乗っている船はアウトリガーカヌーと呼ばれ、今でもボラボラ島の水上コテージで利用されています。

もともとは木材と縄で作った伝統的なカヌーですが、ボラボラ島ではエンジンがついたものが多く、快適な水上アクティビティとなっているようです。

フアヒネ島 スリーピングレディ

フアヒネ島スリーピングレディは、映画に登場する海の女神「テ・フィティ」のモデルとされている山です。ボラボラ島から飛行機で約20分ほど。

フアヒネとは女性を意味し、まるで海の女神が寝ているような稜線です。

周りの観光スポットやツアー

タヒチは118の島々を総称した呼び名であり、ポリネシア文化発祥の地と言われています。それぞれの島が特別な魅力をもち、大自然の創造した様々表情を見ることができます。

今回はその中でも映画のモデルともなった、「ボラボラ島」に絞っておすすめスポットをご紹介します。

おすすめスポット オテマヌ山

モアナが育ったモトゥヌイ島のモデルとなったと言われているのがこのオテマヌ山

モトゥヌイ島はこの山の麓の村という設定で描かれているといわれています。

ビタミン・シー・ボラボラ(Vitamin Sea Bora Bora)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tahiti Legends(@tahitilegends)がシェアした投稿

Vitamin Sea Bora Boraのカタマランヨットは、大海原を爽快に進むモアナになった気分で楽しめるツアー。美しい海い青と爽やかな風を感じながら、タヒチの海を遊びつくして。

大自然の中のサイクリング

ボラボラ島では大自然の中でのサイクリングも楽しめます。

島内にレンタサイクル店がありますので、自転車はレンタルできます。為替にもよりますが、1日2000円以内でサイクリングが楽しめますよ!水分補給と日焼けには気をつけて…!

現地の食べ物・おみやげ

世界中の観光客が訪れるボラボラ島の観光スポット。美味しい食事と美しいおみやげも手に入ります。

ブラッディ・マリーズ

世界中のセレブが訪れる人気のレストランと言われている「ブラッディ・マリーズ」
このお店では好きな食材を選んで焼いてもらえるBBQスタイルのレストランです。

BBQコースは1人約12,000円。せっかく南国に来たならロブスターなどの海の幸を豪快に食べるのも醍醐味です!

モノイオイル

南の島特有の灼熱の太陽と潮風。そんな島に住む女性たちの肌と髪を守る万能オイル「モノイオイル」120mlは日本円で約1,000円。

ココナッツオイルに花を漬け込んで作られています。100%天然素材のオイルなので肌や髪に潤いを与え、もちろん保湿効果も抜群です。

サンオイルとしてお土産に喜ばれます。こってりしたクリームタイプもあり、こちらはスキンケア効果が高いそうです。

サロンスカート

タヒチの民族衣装といえるサロンスカート。土産店では必ず目にするアイテムですから、ぜひ気に入った柄があればおみやげに。

ゴーギャンの描いた絵のような、カラフルな原色がたくさんあります。

交通機関

タヒチ諸島は日本から約9500km離れた場所にあります。日本からはボラボラ島へ行くには、タヒチ島パペーテ空港を経由するルートのみとなっています。

パペーテ空港への直行便は、成田発のエアタヒチヌイ航空のみで、フライト時間は11時間ほど。そしてパペーテからエアタヒチ(国内線)でボラボラ島へ到着します。フライト時間は50分ほど。

日本との時差は-19時間です。

ボラボラ島内での交通機関はボートバス。空港から各ホテルへは専用のボートに乗って目的地へ向かいます。ホテルも水上コテージがメインなので、カヌーでの移動が多のも特徴の一つです。

タヒチ本島の交通機関はバスがメインです。レストランやツアーもバスに乗って現地へ向かいます。数は少ないもののタクシーの運行もあります。

観光シーズンとおすすめホテル

おすすめシーズン 5月から10月(乾季)

ボラボラ島は年間を通じて温暖な気候(年間平均気温27℃、平均海水温26℃)です。季節は乾季(4月〜11月)と雨季(12月〜3月)に分けられます。

太陽が燦々と輝く下で、綺麗な海や空、アクティビティを目一杯楽しむには、乾季がおすすめです。

雨季は高温多湿で蒸し暑く、サイクロンが発生することもありますが、オフシーズンとされているのでツアー価格は安い時期です。

インターコンチネンタル ボラボラ

映画の世界観を最も楽しめるおすすめのホテルは「インターコンチネンタル タラソスパ ボラボラ」です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mathieu Davoine(@mathieu.davoine)がシェアした投稿


ここはボラボラ島の中でもっともオテマヌ山が綺麗に見えるホテルで有名で、映画の世界観をフルで感じられるホテルです。

すべての部屋が水上コテージなので、部屋のカーテンを開けると目の前にはあの「オテマヌ山」が壮大に見えること間違いなしです!

オススメのホテル・航空チケット

おすすめホテルの予約はこちらから

CMでやってるあの大手予約サイトも、この大手予約サイトも、HotelsCombinedなら一発検索。提携予約サイトは、なんと100以上!だから簡単に宿泊最安値が見つかります。アプリをダウンロードしておけば最安値のシーズンを逃しません。

行きたい場所やルートのカスタマイズが簡単なので、きめ細やかな旅行予約を、自分で安く!



世界中のホテル予約サイトを一括比較【ホテルズコンバインド】

おすすめ航空チケットはこちらから

OMIOはとくに、EUと北米に強い旅行アプリ。日本語でEU全域の交通機関(鉄道、バス、飛行機、フェリー全て)が予約できます。とくにヨーロッパ旅行では欠かせない便利なサービスです。 ヨーロッパ圏で35カ国以上の観光地と10万以上の観光ルートを網羅しているのは、OMIOだけ!



Omioはヨーロッパ800以上のサプライヤーをカバーし、約10000のルートを自由に選べる!

【レンタルWi-Fi】格安5種を徹底比較!海外旅行はこれで決まり!
海外旅行中は何かとデータ量の消費が多いですよね。写真を撮ったり、友人と電話したり、次に行くお店を探したり…。そんな中でぜひ使いたいのが「レンタルWi-Fi」。期間とデータ量を決めてポケットWi-Fi(モバイルWi-Fi)を借りるサービスです...

まとめ

映画「モアナと伝説の海」の舞台となったタヒチのボラボラ島は日本人にも人気が高く、ハネムーンでの旅行ランキングでは毎年上位にランクインするほどのビーチリゾートです。

映画の世界観たっぷりのボラボラ島は、豊かな自然と壮大な海の魅力たっぷりの楽園でした。

コメント 記事の感想やライターさんへの応援メッセージを送ろう!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました