映画「ボヘミアン・ラプソディ」の舞台!クイーンだらけのイギリス聖地巡礼

ミュージカル

映画「ボヘミアン・ラプソディ」は、伝説のロックバンド「クイーン」の軌跡を描いた世界中で大ヒット作品です。

撮影地が多いイギリスのロケ地はもちろん、観光スポットやグルメ、お土産まで、まるごとクイーンについてご紹介します!映画をみて気になった方はもちろん、ずっとクイーンが好きな方も必見ですよ。

ad

あらすじ

1985年7月13日。「クイーン」のボーカリスト、フレディ・マーキュリーは、20世紀最大のチャリティーコンサート「ライブエイド」の会場に向かっていた。彼の本名はファルーク・バルサラ。地元のロックバンド「スマイル」のメンバー、ブライアン・メイ、ロジャー・テイラー、そしてジョン・ディーコンとともに「クイーン」を結成し、一躍スターになった。

音楽番組、米国ツアー、そして「ボヘミアンラプソディ」の大ヒットで得た世界的名声。恋人メアリーとの幸せな結婚生活も、もうすぐ手に入る。そんなフレディだが、じつは自分のアイデンティティに疑問を持ち始めていた…。

主な出演者

出演者:
ラミ・マレック(フレディ・マーキュリー/ファルーク・バルサラ)
ルーシー・ボイントン(メアリー・オースティン)
グウィリム・リー(ブライアン・メイ)
ベン・ハーディ(ロジャー・テイラー)
ジョー・マゼッロ(ジョン・ディーコン)
エイダン・ギレン(ジョン・リード)
アレン・リーチ(ポール・プレンター)
トム・ホランダー(ジム・“マイアミ”・ビーチ)
マイク・マイヤーズ(レイ・フォスター)
アーロン・マカスカー(ジム・ハットン)ほか

ラミ・マレックは約1年間をかけてフレディ・マーキュリーの役作りをしたそうです。有名人の癖やしぐさを分析する専門のコーチまでいたとか。パフォーマンスの様子や、ふとしたしぐさもそっくりでしたよね。マレックはこの役で見事2019年のアカデミー主演男優賞を受賞しました。

映画の舞台・ロケ地

さて、ここからはさっそくイギリスにある映画のロケ地を紹介いたします。

ラトランドアームズ(Rutland Arms)

ラトランドアームズは、テムズ川沿いにあるパブです。クイーンのメンバーが初めてジョン・リードとポール・プレンターに会うシーンのロケ地として出てきました。

こちらのお店のおすすめはフィッシュアンドチップス。ぜひ映画のシーンのようにテラス席に座り、食事をしてみてください。ここから見えるハマースミス橋の眺めもきれいですよ。

Rutland Arms(ラトランドアームズ)
7Rutland Arms, 15 Lower Mall, Hammersmith, London W6 9DJ イギリス

ストッカーズ・ファーム(Stockers Farm)

お次のロケ地はなんと農場です。ストッカーズ・ファームは「ボヘミアンラプソディ」の曲が制作されるシーンで使われました。スタジオは納屋を改造してつくったんだとか。「ガリレオ」の声を何度も録音した有名シーンです。


ちなみに本当にクイーンが収録に使った場所は、リッジファームとロックフィールドというところで、映画とは違う場所でした。

Stockers Farm(ストッカーズ・ファーム)の住所
Stocker's Farm, Rickmansworth WD3 1NZ イギリス

ハザーレイガーデンズ(Hatherley Gardens)

ハザーレイガーデンズは、クイーンがのレコード会社(EMI)に向かって石を投げるシーンのロケ地です。噴水の前あたりが撮影されました。

カフェや文具店などのおしゃれなお店に囲まれた場所です。

Hatherley Gardens(ハザーレイガーデンズ)の住所
Hatherley Gardens Crouch End, Londonイギリス

周りの観光スポットやツアー

さて、ここからはイギリスにあるクイーンの聖地をまわっていきましょう。

ガーデンロッジ(Gaden Lodge)

まずはフレディの最期の家、ガーデンロッジです。フレディは息をひきとるまで、この家にいました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

迷いながらガーデンロッジに到着???? 感無量です???? #ガーデンロッジ #フレディマーキュリー

Kuni(@kunisakura)がシェアした投稿 -

今でもクイーンのファンが大勢訪れているそうですよ。現在メアリーが相続し、住み続けているそうです。

Gaden Lodge(ガーデンロッジ)の住所
1 Logan Pl, Kensington, London W8 6DE イギリス

インペリアル・カレッジ(Imperial College)

インペリアル・カレッジは「クイーンがはじめてパフォーマンスをした場所」です。そのことを記したプレートが飾られていますので、ぜひ探してみてください。

ブライアン・メイが通っていた「インペリアル・カレッジ・ロンドン」や、クイーンの前身バンド「スマイル」の活動拠点「インペリアル・カレッジ・ユニオン」があり、ファンなら外せない聖地となっています。

Imperial College Union(インペリアル・カレッジ・ユニオン)の住所
Prince Consort Rd, South Kensington, London SW7 2BB イギリス
Imperial College London(インペリアル・カレッジ・ロンドン)の住所
Exhibition Rd, South Kensington, London SW7 2BU イギリス

ウェンブリー・スタジアム(Wembley Stadium)

 

この投稿をInstagramで見る

 

November 6, 2019 イギリス旅3日目 朝から聖地ウェンブリースタジアムへ。 サッカーイングランド代表のホームスタジアム。 そして、クイーンが伝説のライブを行った会場。 Inglaterra día 3 Desde la mañana hasta el estadio Holy Land Wembley. Representante local del estadio de fútbol de Inglaterra. Y el lugar donde la Queen realizó el legendario concierto. #ウェンブリースタジアム #ウェンブリー #イギリス #イングランド #イギリス旅行 #ロンドン #サッカー #フットボール #スポーツ #スタジアムツアー #WembleyStadium #Wembley #UK #England #London #ViajesBritánicos #Londres #Fútbol #Deportes #EstadioTour @wembleystadium

Akito Nishiuchi????????(@akito._rock_n_sports)がシェアした投稿 -

チャリティーコンサート「ライブエイド」の会場として登場した、ウェンブリースタジアムです。撮影は当時のスタジアムを再現するために別の場所で行われました。

今ではサッカーの聖地だそうです。

Wembley Stadium(ウェンブリー・スタジアム)の住所
London, ウェンブリー Wembley HA9 0WS イギリス

現地の食べ物・おみやげ

ロケ地・クイーンの聖地をまわってきましたが、お腹も空いてきましたね?ここからはグルメとお土産情報をみていきましょう。こちらもクイーンに関連した場所をまとめてみました。

ムーランカフェ(Moulin Cafe)

まずは「ムーランカフェ」です。さきほど紹介したウェンブリースタジアムから近いところにあるので、ぜひ寄ってみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

New shop front。。 Thankyou for the use of your picture Andrew Georgiades。。。

GeorgeGeorgiades(@georgemoulin63)がシェアした投稿 -

さて、こちらのカフェのどこがクイーンと関係しているのかといいますと…

 

この投稿をInstagramで見る

 

GeorgeGeorgiades(@georgemoulin63)がシェアした投稿 -

店内に沢山クイーンの写真やポスターが飾られているのです。マスターがクイーンの大ファンなんだそう。すごい数のコレクションを持っているそうです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

A lovely #weekend with #brunch ☕️

Crystal Liao(@llmy1104)がシェアした投稿 -

ハンバーガーやチキン、パスタにデザートまで、フードがいろいろあって、どの料理もボリュームが凄いんだとか…。日本人観光客に人気の美味しいお店だそうです。

ぜひこちらでゆっくり腹ごしらえをしてみてください。

Moulin Cafe(ムーランカフェ)の住所
139 Wembley Park Dr, Wembley Park, Wembley HA9 8HQ イギリス

イッツ・オンリー・ロックンロール(IT'S ONLY ROCK'N' ROLL)

シャーロックホームズで有名なベイカー・ストリート近くにあるのは、「イッツ・オンリー・ロックンロール」というお店。

名前からわかるように、クイーンの他にもKISS、ローリングストーンズなど、いろんなロックバンドのグッズを販売しています。Tシャツやパーカーやポストカード、マグカップなど、プレゼント用にもよさそうですね。

観光客が入りやすいので、ぜひ記念に立ち寄ってみてください。

IT'S ONLY ROCK'N' ROLL(イッツ・オンリー・ロックンロール)の住所
230 Baker St, Marylebone, London NW1 5RT イギリス

リチャード・ヤング・ギャラリー(Richard Young Gallery)

リチャード・ヤング・ギャラリーは、その名の通り、クイーンの公式写真家、リチャード・ヤングの作品ギャラリーです。

クイーンの公式写真家というだけあり、ライブや宣伝材料などの公式記録以外に、フレディのホームパーティーの写真もあります。ここでしか見ることのできない貴重な写真がたくさんありますよ!

飾られている写真のほとんどが購入できてしまうため、「お土産スポット」としても人気です。ファンならたくさん買ってしまいそうですね!

リチャードさんしか撮影することのできなかった、いろんな表情のクイーンをぜひ観に行ってみてください。

Richard Young Gallery(リチャード・ヤング・ギャラリー)の住所
4 Holland St, Kensington, London W8 4LT イギリス

交通機関

今回紹介したスポットは、バス停や地下鉄駅の付近が多いので、公共交通機関での移動が安くて便利です。

ロンドン観光でマストなのが「オイスターカード」です。ロンドンの公共交通機関のほぼ全部で利用可能。とくにバスは現金が使えず、オイスターカードのみ利用可能です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

もう少し、イギリスの旅メモ、続きます。私は日本でも乗り物が苦手。方向音痴で気が小さいから、人に道を聞くのも苦手。タクシーに一人で乗るのはドキドキするし、バスは日本みたいに行き先やバス停がわかりやすくなかったりするから、乗れるけど、降りる場所がわからないとか。ボーンマスとロンドンではバスの乗り方が違うみたい。ボーンマスでは行き先を言って、お金を払って乗るけど、ロンドンではオイスターカードをピッ。私はバスに乗るなんて発想がまずなかったけど、一緒に行った、私ほど英語のできない仕事仲間がバスを有効活用していてびっくり。地下鉄より安いし、乗り換えずにいける場所多くて便利だよ〜と❗️すごい、本当に。留学でも仕事でも旅行でも、海外に行くなら、語学ができるに越したことはないし、できれば便利だし、なんとかなることも多いんだけど、海外生活が上手くいくか、海外生活に早く馴染めるかどうかって、語学力だけではないと、改めて実感????バス、乗ってみると、地下鉄よりキレイで明るくて、しかも安くて◎地下鉄はバスより簡単だけど、危ないことはないと思うけど、やっぱりちょっと暗かったりすると、ひとりは怖いかなと思うこともあるので。 ・ #オイスターカード #ロンドンのバス #イギリス #ロンドン #留学アドバイザーの旅 #イギリス旅行

A& ✏︎ Studygram(@a.style.eng)がシェアした投稿 -

切符の半額ぐらいで乗車できたり、上限金額まで利用するとそれ以上は値段が上がらないなど、かなりお得なカード。地下鉄の券売機などで購入できます。機械は日本語案内もあるので購入しやすいのもうれしいですね。

(フレディは見晴らしのいいバスの一番前の席に座ることが好きだったそうですから、フレディになりきってバスで移動するのもいいかもしれませんね!?)

オススメのホテル・航空チケット

おすすめホテルの予約はこちらから

CMでやってるあの大手予約サイトも、この大手予約サイトも、HotelsCombinedなら一発検索。提携予約サイトは、なんと100以上!だから簡単に宿泊最安値が見つかります。アプリをダウンロードしておけば最安値のシーズンを逃しません。

行きたい場所やルートのカスタマイズが簡単なので、きめ細やかな旅行予約を、自分で安く!



世界中のホテル予約サイトを一括比較【ホテルズコンバインド】

おすすめ航空チケットはこちらから

OMIOはとくに、EUと北米に強い旅行アプリ。日本語でEU全域の交通機関(鉄道、バス、飛行機、フェリー全て)が予約できます。とくにヨーロッパ旅行では欠かせない便利なサービスです。 ヨーロッパ圏で35カ国以上の観光地と10万以上の観光ルートを網羅しているのは、OMIOだけ!



Omioはヨーロッパ800以上のサプライヤーをカバーし、約10000のルートを自由に選べる!

【レンタルWi-Fi】格安5種を徹底比較!海外旅行はこれで決まり!
海外旅行中は何かとデータ量の消費が多いですよね。写真を撮ったり、友人と電話したり、次に行くお店を探したり…。そんな中でぜひ使いたいのが「レンタルWi-Fi」。期間とデータ量を決めてポケットWi-Fi(モバイルWi-Fi)を借りるサービスです...

まとめ

今回はクイーンに関するロケ地や聖地といった観光スポットをたくさん紹介しました。ロンドンには、クイーンの聖地をまわるツアーがいくつもありますので、そういったツアーに参加するのもいいかもしれませんね。ぜひクイーンが生まれたイギリスの空気を直接感じてみてください。

※現在(2020年9月時点)はコロナの影響で中断されているようです。

コメント 記事の感想やライターさんへの応援メッセージを送ろう!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました