ad

【桜並木の街へ行きませんか?】映画「あん」の舞台・東村山へ!ロケ地や映画登場の和菓子も紹介!

ヒューマンドラマ
出典:https://eiga.com/movie/81499/



本日は、カンヌ国際映画祭で高い評価を受けた映画「あん」をご紹介します。
ハンセン病患者と関わりをテーマにした、深いメッセージ性のある作品です。

桜の美しさもひときわ印象的な作品ですが、撮影地となったのは東京都・東村山市です。

この記事ではロケ地となった桜並木や、周辺のおすすめ観光スポットをご紹介します!
タイトルにもある「あん」の美味しいどら焼きやぜんざいも紹介しているので、
ぜひ最後まで読んでいってくださいね♪

映画の視聴はこちらから

ad

『あらすじ』

どら焼き屋「どら春」の雇われ店長・千太郎。
ある日、彼の元へ「自分を雇って欲しい」と懇願する老婆・徳江がやってくる。
「力仕事が多いから」と一度は断った千太郎だったが、徳江の作る粒あんの美味しさに驚き、徳江を雇うことを決める。

それ以来、どら春は『あんの美味しいどら焼き屋』と話題を呼び、繁盛するようになる。最初はあんを作るだけだった徳江も、次第に店先に顔を出すようになり、地元の中学生・ワカナとも交流を深めていくのだった。

しばらくして、徳江が元ハンセン病患者であることを聞きつけたどら春のオーナーが、突然千太郎の元を訪れる。病気を理由に、徳江を辞めさせるよう言いつけに来たのだった。

しかし、どら春が繁盛したのは徳江のあんのおかげ。
彼女を辞めさせたくない千太郎だったが、やがて店から客足が遠のき始めてしまう…。


世界12カ国で翻訳された、ドリアン助川の小説「あん」を原作とした映画。

映画は第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でオープニング作品として出品され、
その後国内外の映画賞を数多く受賞しました。

ハンセン病への差別や誤解がある中でも、希望を失わず生きる徳江の姿が心に残る作品でした。

映画の視聴はこちらから

『主な出演者』

出演者:樹木希林(吉井徳江)、永瀬正敏(千太郎)、内田伽羅(ワカナ)、市原悦子(佳子)、浅田美代子(どら春のオーナー)、水野美紀(ワカナの母)、仲野太賀(陽平)、兼松若人(若人)ほか

数々の映画・ドラマで活躍され、2018年に亡くなられた女優・樹木希林さんの、
最後の主演映画となった作品です。慈しみ深い小豆へのあたたかな眼差しは、今でも忘れることができません。

地元の中学生・ワカナを演じたのは、樹木さんの孫にあたる内田伽羅さん。
彼女の凛とした存在感も見所の一つです。

『映画の舞台・ロケ地』

映画のロケ地となった東村山市
映画を見てもわかるように、桜の多いスポットでもあるんです。
今回ご紹介するところは全て、近くに桜があります。お花見の季節に行ってみたいですね!

久米川駅付近

 

この投稿をInstagramで見る

 

Miho n Tea(@fuukuufuukuunya33)がシェアした投稿

千太郎の営むどら焼き屋「どら春」は、桜並木の続く住宅街の中にありました。

「どら春」は残念ながらセットだったようですが、セットの組まれた久米川駅付近では、映画と同じ桜の続く道を楽しむことができます。お花見の時期には大通りでさくらまつりが開かれ、多くの人で賑わいます。

住所…東村山市栄町2丁目周辺

くめがわ電車図書館

ワカナが子供に絵本を読み聞かせるシーンに登場した図書館。
こちらはセットではなく、電車の中につくられた珍しい図書館です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@akky.hammondがシェアした投稿


色鮮やかな黄色い電車は、絵本をはじめ約5000冊もの本を乗せて住宅地に佇んでいます。
実際に西武鉄道で使用された車両のため、多くの鉄道ファンも訪れる場所なんだとか。

開館日には多くの子供達が絵本を読みにやってくる、地域の憩いの施設です。

住所…東村山市美住町1-4-1
アクセス…西武新宿線「久米川駅」南口より徒歩15分/西武多摩湖線「八坂駅」より徒歩10分
開館日時…水曜 午前10時から正午、午後2時から4時30分/土曜 午後2時から4時30分

全生園

徳江の住む療養所のシーンは、実在する療養所・全生園で撮影されました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

♡(@oskarvreuenthal)がシェアした投稿


日本ではハンセン病に対する偏見や差別から、患者を強制隔離していたという悲しい過去があります。その誤解が現在でも残り続けていることが、映画の中で描かれていました。

全生園にはハンセン病資料館が併設されており、ハンセン病の理解を深めることができます。(2020/10/09現在、新型コロナウィルス感染防止対策のため、事前予約が必要)

療養中の方が暮らす園内には桜をはじめとする多くの木々が植えられており、散策を楽しむ人々も多く訪れる場所になっています。

園内のレストランでは、映画にも登場した「ぜんざい」をいただくことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

タカタロウ@東村山エール飯(@insta189000)がシェアした投稿

商品名「旅する小豆たち」は、原作者のドリアン助川さんによって名付けられました
徳江さんの小豆を煮る姿を思い浮かべながら、味わってみてください!

住所…東村山市青葉町4-1-13
アクセス…JR新秋津駅より西武バス久米川駅(北口)行きにて全生園前下車
休館日(資料館)…月曜日及び国民の休日の翌日、年末年始

 

『周りの観光スポットやツアー』

ロケ地の近くには、お花見を楽しめるスポットや絶景を撮影できる場所があります!
早速見ていきましょう♪

東村山中央公園

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tatsuo Mikuni(@tm_1953)がシェアした投稿


こちらは東村山の中でも多くの桜がある公園です。
春に咲く桜の種類はなんと10種類!

ソメイヨシノはもちろん、関山(カンザン)と呼ばれる八重桜や、沖縄地方に多い寒緋桜(カンヒザクラ)があります。
珍しい薄黄色の桜「鬱金(ウコン)」もあるので、散策しながら探してみてください!

水遊びのできる池や遊具もあり、子供と一緒に楽しめる公園です。

住所…東村山市富士見町5丁目・美住町1丁目
アクセス…西武多摩湖線「八坂」より徒歩7分

多摩湖

 

この投稿をInstagramで見る

 

SILKIST(@silkist_y)がシェアした投稿


東村山から少し足を伸ばすと、埼玉県との県境近くにある多摩湖が見えてきます。
写真の湖に浮かぶ建物は「日本一美しい取水塔」と言われ、天気の良い日にはここから富士山も眺めることができるそう!

東村山市を通る多摩湖自転車道路もあり、サイクリングを楽しむこともできます。

【村山下貯水池第一取水塔】
住所…東大和市多摩湖4丁目644
アクセス…西武多摩湖線「武蔵大和」より徒歩12分

『現地の食べ物・おみやげ』

東村山にはおいしい名産品やグルメがたくさん!
ロケ地巡りに来たらぜひ食べて欲しい一品ばかりです。

武蔵野うどん

 

この投稿をInstagramで見る

 

amatake0215(@amatake0215)がシェアした投稿


東村山は古くから小麦を育ててきた土地。そのため地元ではうどん作りの文化が生まれ、現在でも多くのうどん店が軒を連ねています。

こちらのお店「きくや」は、メニューはざるうどんのみとシンプル。麺の量とつけ汁をお好みで選ぶことができます。

中でも人気のあるのは、豚肉の旨味がたっぷり溶け込んだ肉汁!
うどんも打ち立てが味わえます。旅の途中のお昼にいかがでしょうか?

【手打ちうどん きくや】
住所…東村山市廻田町2−12−16
アクセス…西武多摩湖線 武蔵大和駅より徒歩10分
営業時間…11:00~売切り次第終了
定休日…月曜日

黒焼きそば

 

この投稿をInstagramで見る

 

街画コム(@machigacom)がシェアした投稿


黒焼きそばは東村山のご当地B級グルメです。その見た目&味の決め手となっているのは、なんとイカ墨!

こちらのお店の黒焼きそばは、ちょっと太めの麺に旨味たっぷりのソースが絡んだ、何度でも食べたくなる味。ビールと一緒に頼みたーい!

【中華料理ぼん天 東村山店】
住所…東村山市久米川町1-37-30
アクセス…JR武蔵野線 新秋津駅より徒歩15分
営業時間…11:00~23:00(L.O.22:00)
定休日…不定休

 

おうちでも黒焼きそばを食べたい!という方のために、市内にはこんな商品も。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

たのしむらやま(@tanoshi_murayama)がシェアした投稿

なんと黒焼きそばのソースが販売されているんです!
これなら家でも簡単に作れそう!お土産にもぴったりですね。

このソースは製造元の直売所で購入できますよ。

【株式会社ポールスタア 直売所】
住所…東村山市久米川町3-28-2
アクセス…西武新宿線「東村山」より徒歩13分

どら焼き

 

この投稿をInstagramで見る

 

御菓子司 清水屋(@shimizuya_tokyo)がシェアした投稿


お待たせしました。満を辞して、東村山おすすめのどら焼きをご紹介します。

こちらの和菓子店「清水屋」では、この映画を題材にした「東村山塩どら」が販売されています!

どら焼きの生地は、東村山産の小麦がブレンドされたものを使用しています。
表面にトッピングされた桜の塩漬けからは、映画の趣が感じられますね!

こちらのどら焼きは通年販売されています。桜の季節にいただくと、より一層映画の世界に浸れそうですね。店内のイートインスペースでも食べられますよ!

【清水屋】
住所…東村山市野口町2-4-1
アクセス…西武新宿線「東村山」より徒歩7分
営業時間…9:30~18:30
定休日…毎週水曜日

 

『交通機関』

今回ご紹介したロケ地・観光地は、そのほとんどが電車駅から歩いて行ける距離にあります。西武鉄道を利用しながら街を観光すると、効率的に回れそうです。

路線バスも運行していますので、電車駅から少し離れた全生園へ訪問の際はバスを利用すると良いでしょう。

数が限られてはいますが、東村山駅・久米川駅にはレンタサイクルが置かれています。
自由に市内を観光したい方はこちらもおすすめです!

 

『オススメのホテル・航空チケット』

東村山市へのアクセスは、西武新宿駅から電車で30分ほど。
乗り換えなしで行けるので非常に便利です。

東京までの交通費は、やはり大型連休を中心に高くなる傾向にあります。
ただ、交通手段も多くの選択肢があるので、ご自身の旅行プランにあったものを選ぶと良いでしょう。

東村山は都心へのアクセスが良いので、市外へ宿泊するのも一つの手かもしれません。

おすすめホテルの予約はこちらから


おすすめ航空チケット・バス・電車の予約はこちらから


『まとめ』

いかがでしたか?

温かい気持ちになると同時に、深く考えさせられる映画でもありましたね。

コロナ時代の今、感染を恐れるが故の差別や偏見を、身近に感じられている方も多いでしょう。映画「あん」の中には、コロナ時代をお互いに理解し合いながら生きていくヒントがたくさん隠されています。

コロナ禍の今だからこそ、映画の伝えたいメッセージが伝わる作品だと思います。

さあ、映画を見た後は実際に出かけて「あん」の世界をさらに堪能してみませんか?
興味を持っていただけましたら、ぜひ東村山へ足を運んでみてくださいね!

良い旅を!

映画の視聴はこちらから

written by 原町

 

 

 

コメント 記事の感想やライターさんへの応援メッセージを送ろう!

タイトルとURLをコピーしました