ad

映画『オンネリとアンネリのおうち』舞台はフィンランド|童心に返れる可愛い北欧の旅♪

ファンタジー

子供の頃に、お人形遊びに夢中になった経験はありますか?

私は、洋服を作ったり人形が住む家のラグマットを作ったり、手作りをして愛情を注ぐほど夢中になっていました。

そんな世界に、もしも自分が住めることになったら・・・・。

考えただけで、ワクワクが溢れ出す気持ちになります。

今回ご紹介する、2018年に日本で公開された『オンネリとアンネリのおうち』は、そんな【もしもが叶う作品】

原作は、子供たちに昔から愛されているフィンランドの同名児童文学書

そして、本作の舞台となったのもフィンランド

フィンランドの都市ヘルシンキから少し離れた、小さな海辺の町ロヴィーサで撮影は行われました。

本記事では、優しく可愛い世界観の内容とリンクしたような町ロヴィーサと周辺の観光スポットをご紹介していきます♪

ad
ad

『あらすじ』

オンネリとアンネリは、2人の間に入れる隙が無いほど仲が良く、いつも行動を共にしていた。

そんな2人の共通点は、家族の中で独りぼっちだということ、、、。

9人兄弟の真ん中のオンネリ離婚した両親と交互に暮らすアンネリは、2人で一緒に暮らせる家が欲しいと、ドールハウスや人形遊びをしながら思っていた。

そんなある日、中身が入った封筒の落とし物を拾い交番に届けることに。

交番にやってきた2人が、お巡りさんと中身を確認すると沢山のお金が!

そして、お金が入っていた封筒には『正直者にあげます』という一言が書かれていたことから、中身のお金は落とし物を届けた2人の物になる。

そんな不思議な落とし物を持って、通りを歩いているとドールハウスのような可愛い水色の家が目に入ってきた。

近くで見たいと歩みを進めると、何やら1人の婦人がこの家を売りに出す為の作業をしている。

2人に気付き、お茶に誘った婦人はこの家を売りに出す理由を話し始めた。

それを聞いた2人は、この家を買いたいと伝え自分たちが拾ったお金を差し出す。

少し戸惑った婦人だったが、この家はあなた達にピッタリだと言い譲ってくれることに。

自分たちだけの家を手にした2人が仲良く家に入ると、そこにはワクワクするような景色が広がっていたー。

\この映画が好きなあなたにおすすめの作品/

ad

『主な出演者』

監督
サーラ・カンテル

アーバ・メリカント 、リリャ・レフト、エイヤ・アフポ、ヤッコ・サアリルアマ、ヨハンナ・アフ・シュルテン

本作の主人公であるオンネリアンネリを演じた、アーバ・メリカントリリャ・レフト

劇中に出てくるスイーツやアクセサリー・お揃いの洋服に負けないくらいの、可愛くキラキラした2人の笑顔や笑い声・少し大人びた仕草に胸がキュンとなります。

こんな風に、友達とずっと一緒に遊びたいと思ってたアノ頃

そんな時代に戻りたくても戻れない気持ちを持て余した、三十路過ぎの私の心に良い意味でグサグサ来る2人の笑顔や演技はとっても素敵で、観ていて笑顔がこぼれます。

ad

『映画の舞台・ロケ地』

ここからは、本作の舞台となったフィンランドにある町ロヴィーサの、撮影にゆかりのあるスポットをご紹介します。

色が優しく広がるスポットに、ワクワクすること間違いなし♪

The Jill and Joy Playhouse

ジル アンド ジョイプレイハウス -ロヴィーサ中心地にある公園- 

この公園にはなんと、オンネリとアンネリが2人仲良く暮らした夢のようなおうちを再現したプレイハウスが!

ハウス内には、ペイントで可愛い家具やインテリアなどが描かれているので作品の中に自分が居るような気分を味わうこともできます♪

なんだか、2人のキラキラとした笑顔や可愛い笑い声が聞こえてきそうな不思議な雰囲気。

ロヴィーサのバスステーションから車で5分ほどの位置にある、アクセスしやすいおすすめの観光スポットです。

Address:Kuningattarenkatu 38, 07900 Loviisa, Finland

 

この投稿をInstagramで見る

 

Visit Loviisa(@visit.loviisa)がシェアした投稿

Loviisa

ロヴィーサ -フィンランドにある海辺の小さな町-

本作が撮影された海辺にある小さな町です。

フィンランドの首都ヘルシンキからバスに乗ることおよそ90で、訪れることができます。

赤い倉庫が建ち並ぶ町中にはレストランやカフェがあり、ゆっくりとした美味しく楽しい時間が味わえます。

作品同様に色合いも建物も可愛くコンパクトサイズの町並みは、お人形が住んでいそうだと思わせるようなワクワクと心が弾む場所です♪

ad

『周りの観光スポットやツアー』

ここからは、周りの観光スポットを2か所ご紹介!

まるで、童話の世界に迷い込んだかのようなスポットや、日本でもおなじみのキャラクターの世界が楽しめるスポットです♪

Loviisan Kirkko

ロヴィーサ教会

ロヴィーサの町を見守るように建つ教会は、視界に入れるだけで神聖な気持ちになります。

少し暗めの赤いレンガ作りの教会は、ロヴィーサの落ち着きながらもカラフルな色合いの町並みにピッタリ。

ロヴィーサのバスステーションからは徒歩10分ほどで、訪れることができます。

Address:Brandensteininkatu 2, 07900 Loviisa,Finland

 

Moomin World

ムーミンワールド  -ムーミンの世界感が味わえるテーマパーク-

首都ヘルシンキから鉄道で2時間以上離れた湖の向こうにある、カイロという小さな島全体がムーミンワールドとなっています。

ムーミンが住んでいるハウスや、見ていた景色を味わえる素敵なスポットで入場料は日本円で約3,000

目を惹く、5階建てのムーミンハウスは全ての階に入れて楽しめる作りになっています。

おみやげを購入するのにも、最適なスポットとなっています♪

Address:Muumimaailma Oy 5 Kaivokatu, Naantali 21100, Finland

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝐴𝑛(@millyland0617)がシェアした投稿

ad

『現地の食べ物・おみやげ』

こちらでは、現地の美味しい食べ物やオンネリとアンネリが食べていたような可愛いケーキ色とりどりのマカロンなどを味わえるカフェを2か所ご紹介します♪

Tuhannen Tuskan Cafe

トゥハンネン トュスカン カフェ  -ロヴィーサの町中にあるカフェ-

瑞々しく色鮮やかなフルーツを使ったケーキが楽しめる、ホームメイドカフェです。

カフェ内には中庭があり、童話や絵本の中でティータイムを楽しむようなシーンが思い起される可愛い雰囲気となっています。

ロヴィーサのバスステーションからは徒歩12分ほどで、訪れることができます。

Address:Loviisan Liisantalo, Mariankatu 2 C, 07900 Loviisa, Finland

 

この投稿をInstagramで見る

 

Niina(@niinaan)がシェアした投稿

Konditoria-Café Vaherkylä

コンディトリア カフェ ヴァヘクラ   -ロヴィーサの町中にあるカフェ-

サーモンスープが絶品のこちらのカフェは、綺麗で可愛いケーキやペストリーも人気。

ビュッフェ形式の朝食も好評の、お腹をみたしてくれる素敵なカフェです。

色とりどりのマカロンをテイクアウトして、公園で外の素敵な空気の中食べてみるのもおすすめです♪

Address:Aleksanterinkatu 2, 07900 Loviisa, Finland

 

\この映画と同じ地域で撮影された映画/

ad

『交通機関』

今回ご紹介した、フィンランドの小さな町ロヴィーサへはヘルシンキの中央駅前から長距離バスに乗って訪れることが出来ます。

駅前から徒歩7ほどの、赤マルが目印の【Kamppi(カンピ)】というバスステーションの建物を目指し地下のバス乗り場へ向かいましょう。

そこから、ロヴィーサバスステーション(Loviisaと表記)行のバスに向かうバスに乗れば辿り着けます。

ad

『オススメのホテル・航空チケット』

おすすめホテルの予約はこちらから



 

おすすめ航空チケット・バス・電車の予約はこちらから



 

ad

『まとめ』

今回は、可愛いという言葉が詰まった、、、というか可愛い以外に似合う言葉が見つからない個人的に大好きな作品『オンネリとアンネリのおうち』の舞台フィンランドをご紹介してきました。

終始、可愛くて心が優しい気持ちのまま本作を鑑賞することができるのは、原作が児童文学という理由だからでしょうか。

また、撮影地であるロヴィーサという町穏やかな海の波音、ゆったりと流れる町の時間や優しい色合いの可愛い建物などの景色が、優しくさせてくれるのかもしれません

是非、そんな優しく可愛い町ロヴィーサへ旅をして童心に返ってみませんか?

muvimaru

 

 

コメント 記事の感想やライターさんへの応援メッセージを送ろう!

タイトルとURLをコピーしました