ad

映画「ノッティングヒルの恋人」のロケ地!ロンドンでアンティークと本の旅

恋愛
ad

不朽の名作ラブコメ映画「ノッティング・ヒルの恋人」。ヒュー・グラント×ジュリア・ロバーツの2大スターW主演も魅力のひとつ。二人のラブロマンスはもちろん、スクリーンに映るロンドンの風景に憧れを抱いた方も多いのではないでしょうか?主人公のちょっぴり変わった同居人など、登場人物たちの個性的なキャラクターも楽しませてくれます。

今回は、映画の舞台となったロンドン西部「ノッティングヒル」で、映画のロケ地や周辺の観光スポットをご紹介。あなたも、映画の登場人物になりきってロンドンの街を歩いてみましょう!

ad
\旅のポイ活カード/

あらすじ

ウィリアム・タッカーは旅行書専門店を営む書店員。しかし店は万年赤字で、退屈な日々を送っていた。そんなある日、彼の店に大物ハリウッド女優アナ・スコットが現れる。

一般男性×大物女優がくり広げる逆シンデレラストーリー。

主な出演者

監督:ロジャー・ミッシェル
出演:ジュリア・ロバーツ(アナ・スコット)
ヒュー・グラント(ウィリアム・タッカー)
リス・エヴァンス(スパイク)
ジーナ・マッキー(ベラ)
ティム・マッキナリー(マックス)ほか

主人公のウィリアム・タッカー役を演じるヒュー・グラントは「ノッティングヒルの恋人」の他に「ブリジットジョーンズの手紙」など、多数のロマンティック・コメディーに出演。ロマンティック・コメディの王様と呼ばれています。

また、リス・エヴァンス演じる同居人スパイクのキャラクターが作品を盛り上げています。彼がいることで、シリアスなシーンもクスッと笑える場面になっていて、作品には欠かせない存在です。

映画の舞台・ロケ地

映画ノッティングヒルの恋人のロケ地であるノッティングヒルは、絵本の中に出てきそうなとってもキュートな町並み。ロマンティックコメディーの登場人物になったつもりで、街を歩いてみましょう。

ポートベローロード・マーケット

まずは、ウィリアムたちが暮らす街、ポートベローロード・マーケット(Portobello Road Market)。カラフルな住居が軒を連ね、インスタ映え間違いなしのかわいらしい街並みです。地下鉄ノッティングヒルゲート(Notting Hill Gate)駅から徒歩2分。

ポートベローはアンティークが有名。週末はアンティークマーケットが開かれ、掘り出し物を探しに多くの人でにぎわいます。マーケットは金・土曜日。その他の曜日でもポートベローロード沿いのお店は営業しています。

マーケットが開かれていなくても、常設のアンティークショップもあるので、ロケ地巡りの傍らにショッピングを楽しむのもありです♪

ノッティングヒル・ブックショップ

ノッティングヒル・ブックショップ(Notting Hill Book Shop)は、ウィリアムが営業していたトラベルブック・カンパニーのモデル。

現在は一般書のお店に変わっていますが、雰囲気はそのままです。ぜひ旅の記念の1冊を選んでは?



ノッティングヒル・ギフトショップ

ノッティングヒル・ギフトショップ(Notting Hill Gift Shop)は、ウィリアムの本屋さんの撮影が行われたロケ地。アナとウィリアムが出会う重要なシーンが撮影されました。

もともと、この場所に旅行書専門店があり、そこが撮影に使われていたんだとか。(※ひとつ前の段落で紹介したノッティングヒル・ブックショップはロケ地ではなく、映画のモデルとなったお店。)

ここでは、映画のポスターが印刷されたTシャツを購入することが出来ます。旅の思い出に、Tシャツを着て帰るのもいいかも…!

青いドアの家/運命の交差点

このエリアには「運命の出会い」のロケ地が2カ所あります。ウィリアムがアナと交差点でぶつかってオレンジジュースのシミを作ってしまい、アナを自宅にあげるシーンが撮影されました。

青いドアの家(The blue door)

ウィリアムとスパイクが暮らすテラスハウス、青いドアの家(The blue door)。

運命の交差点

ファンの間で「運命の交差点」といわれている場所。青いドアの家を訪れる時は、一緒にこちらにも行ってみましょう。

映画でウィリアムが「交差点から家はすぐそこだ」と言っていましたが、本当に青いドアの家と交差点は目と鼻の先にあります。(この交差点にはじつは2軒のカフェがあります。スターバックスコーヒーとCOFFEE BELLO、どちらが運命の喫茶店だったのでしょうね??)




コロネシネマ

コロネシネマ(Coronet Cinema)はロンドン最古の映画館。19世紀に劇場としてオープンし、現在は映画館となっています。アナの恋人と鉢合わせてしまったウィリアムが、彼女の主演映画をひとりで観るシーンで使われました。

外観はもちろん、内部も劇場時代のまま残されており、近代ヨーロッパの優雅な雰囲気が楽しめます。現在は改装工事中で営業していません。

コロネシネマ(Coronet Cinema)
住所: 103 Notting Hill Gate, Kensington, London W11 3LB, UK

リッツホテル

アナが滞在していたホテル、リッツホテル(The Ritz London)。エリザベス2世をはじめとするイギリス王室のメンバーや「鉄のカーテン演説」で知られるウィストン・チャーチルなど、各界の著名人が利用していることでも知られています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Ritz London(@theritzlondon)がシェアした投稿

リッツホテルはロイヤルファミリー御用達の伝統あるホテルで、100年以上の歴史があります。撮影に使われたのはトラファルガー・スウィートというお部屋。

 

この投稿をInstagramで見る

 

5iveStarLondon(@5ivestarlondon)がシェアした投稿

リッツホテル(The Ritz London)
所在地:150 Piccadilly, London W1J 9BR


ケンウッド・ハウス

ケンウッド・ハウス(Kenwood House)は、ウィリアムがアナに会いに行ったシーンのロケ地。敷地内の庭園が撮影に使用されました。

ケンウッド・ハウスの歴史は古く、もとは17紀前半に建てられた貴族の邸宅でした。現在ではレンブラントの「自画像」やフェルメールの「ギターを弾く女」など、有名絵画が展示される美術館になっています。

敷地内にあるレストランの建物は、かつては邸宅内で醸造所だったそう。緑豊かな庭園を眺めながら、優雅にティーブレイクするのもいいでしょう。

ロスミード・ガーデンズ

アナとウィリアムが、こっそり忍び込んだお庭ロスミード・ガーデンズ(Rosmead Gardens)。

ここは、プライベートガーデンといわれるイギリスの高級住宅地にある鍵付きのお庭。鍵を持っている住人しか使うことが出来ません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mariposa Joseph(@mariposajoseph)がシェアした投稿

映画のように忍び込みたい気持ちをぐっと抑えて、外観と雰囲気を楽しみましょう。



SAVOYホテル

映画のラスト、アナの記者会見にウィリアムが乗り込み、プロポーズをしたSAVOYホテル(the SAVOY)。こちらもリッツホテルと並び、イギリスを代表する伝統ある高級ホテルです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@thesavoylondonがシェアした投稿

「近代ホテルの歴史はSAVOYホテルから始まった」といわれています。

チャーリー・チャップリンやマリリン・モンローも宿泊したことがあるんだとか!リッツホテルの常連だったチャーチル元首も、ランチはSAVOYホテルがごひいきだったそうです。

周りの観光スポットやツアー

映画ノッティングヒルの恋人のロケ地周辺には魅力的な観光スポットがたくさん!ロケ地巡りの傍ら、徒歩でふらっとよれるおすすめの観光スポットをご紹介します。

ケンジントン宮殿

ケンジントン宮殿(Kensington Palace)は、古くから英国の若い王族の住まいとして使用されてきました。ヴィクトリア女王が幼少期を過ごされたことで有名。現在は、ウィリアム王子とキャサリン妃やその子どもたちが暮らしています。

敷地内にあるカフェでは伝統的なアフタヌーンティーを楽しむことができます。イギリス王室の歴史を感じながら散策してみましょう。



ブランド パッケージ 広告ミュージアム

消費者文化を保存するため、身近な生活用品のパッケージや広告などを展示している一風変わった博物館、ブランド パッケージ 広告 ミュージアム(Museum of Brands)。住宅街の目立たない場所にある、まさに隠れ家的な施設です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Museum Of Brands(@museumofbrands)がシェアした投稿

トワイニングスやマクビティなどイギリスを代表する食品メイカーのパッケージのほか、おもちゃや雑誌、商品のおまけに至るまで、館内はレトロな展示品で埋め尽くされています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Museum Of Brands(@museumofbrands)がシェアした投稿

ミュージアム内のカフェに売っているポストカードは誰もが知っている商品パッケージの絵柄。友人への気軽なお土産にぴったり。



バッキンガム宮殿

エリザベス女王が暮らすロンドンの公邸、バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)。ロンドンのシンボルである、大きな黒い帽子に赤い制服の兵隊さんが行進する様子を見物できます。

ロイヤルウエディングの際、宮殿のバルコニーからロイヤルファミリーがあいさつをすることでも有名です。

毎年、エリザベス女王がスコットランドのお住まいに移られる夏の間だけ、宮殿が一般公開されます。夏にロンドンを観光される際にはぜひ訪れてみてください。

\この映画がお好きな方にオススメの作品/

現地の食べ物・おみやげ

家庭的なアフタヌーンティーを楽しめるお店や、買っておきたいノッティングヒルの恋人グッズなど、ロケ地巡りをよりいっそう楽しめるお店をご紹介します!せっかくのロンドン旅行、とことん楽しみつくしましょう♪

カンディラ・ティー・ルーム

カンディラ・ティー・ルーム(Candella Tea Room)は、ケンジントン・チャーチ・ストリートにあるティールーム。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Candella Tea Room(@candellatearoom)がシェアした投稿

店内はかわいらしいアンティーク家具で彩られ、個人宅でくつろぐようにお茶を楽しめる素敵なティールームです。おすすめは2種類。

Traditional Afternoon Tea Service

サンドウィッチ、自家製スコーン、パティスリーからなる、イギリス家庭の伝統的なアフタヌーンティーを楽しめます。アンティークなティーカップとケーキスタンドも素敵!£15.95(2020年現在)です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Candella Tea Room(@candellatearoom)がシェアした投稿

Kensington Breakfast Tea Service

朝食用のサンドウィッチやオープンサンド、自家製スコーンにデニッシュのティーセット。朝ごはんにおすすめです。

紅茶は、世界中から集められた約90種類の茶葉の中から選ぶことができ、お持ち帰りも可能です。アンティークの食器も販売しているので、お土産にいかがでしょうか?



ブックス・フォー・クックス

料理本専門店ブックス・フォー・クックス(Books for Cooks)。ウィリアムは映画中で旅行書専門店を営んでいましたが、こちらは世界中の料理本を集めた専門書店です。

店内で扱っている本の中からレシピを選んで、日替わりのコース料理を提供しています。

プレスタット

イギリス王室御用達のチョコレート店、プレスタット(PRESTAT)。元祖トリュフチョコレートのお店。ウィリアム王子とキャサリン妃の結婚記念に作られたユニオンジャックパッケージのチョコレートボックスは、見た目もかわいらしくギフトに最適。(£14.99)

 

この投稿をInstagramで見る

 

milly✈︎(@millyca888)がシェアした投稿


イギリス児童文学で有名なロアルド・ダールお気に入りのチョコレート店としてもその名を知られています。

\同じロンドンが舞台の作品/

交通機関

今回ご紹介したエリアは主に2つ。どちらも地下鉄駅から徒歩15分以内のエリアです。

①地下鉄ノッティングヒル・ゲート駅のエリア(北側、南側)

ノッティングヒル・ゲート駅への地下鉄の路線:路線セントラル・ライン/サークル・ライン/ディストリクト・ライン

ノッティングヒル・ゲート駅北側のエリア
ポートベロー・ロード・マーケット/ノッティングヒル・ブックショップ/
青いドアの家・運命の交差点/コロネシネマ/ローズミード・ガーデンズ/
ブランド・パッケージ・広告ミュージアム/ノッティングヒル・ギフトショップ/Books for Cooks
ノッティングヒル・ゲート駅南側のエリア
カンディラ・ティー・ルーム/ケンジントン宮殿

②地下鉄グリーンパーク駅のエリア

グリーンパーク駅への地下鉄の路線:ジュビリー・ライン/ピカデリー・ライン/ヴィクトリア・ライン

リッツホテル/SAVOYホテル/バッキンガム宮殿/プレスタ

オススメのホテル

ジ・アビー・コート

ジ・アビー・コート(The Abbey Court)は、好立地にあるイングリッシュ・カントリー・スタイルのホテル。ロンドンのヒースロー空港から車で30分程度、ポートベロー・ロード・マーケットまで徒歩4分!

 

この投稿をInstagramで見る

 

fumi(@fumiy0_234)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Milada/Лада(@violett.v)がシェアした投稿


全部屋ジェットバス付きで、お姫様が暮らしていそうなかわいらしい内装が魅力的です。リーズナブルな価格もおすすめの理由の一つ。ロマンティック・コメディのヒロインになり切って、旅行を楽しみましょう♪

ジ・アビー・コート(The Abbey Court)
所在地:W2 4DU, England, London, 20 Pembridge Garden, Kensington
TEL:020-7221-7518


おすすめホテルの予約はこちらから

CMでやってるあの大手予約サイトも、この大手予約サイトも、HotelsCombinedなら一発検索。提携予約サイトは、なんと100以上!だから簡単に宿泊最安値が見つかります。アプリをダウンロードしておけば最安値のシーズンを逃しません。

行きたい場所やルートのカスタマイズが簡単なので、きめ細やかな旅行予約を、自分で安く!



世界中のホテル予約サイトを一括比較【ホテルズコンバインド】

オススメの航空チケット

おすすめ航空チケットはこちらから

OMIOはとくに、EUと北米に強い旅行アプリ。日本語でEU全域の交通機関(鉄道、バス、飛行機、フェリー全て)が予約できます。とくにヨーロッパ旅行では欠かせない便利なサービスです。 ヨーロッパ圏で35カ国以上の観光地と10万以上の観光ルートを網羅しているのは、OMIOだけ!



Omioはヨーロッパ800以上のサプライヤーをカバーし、約10000のルートを自由に選べる!

【レンタルWi-Fi】格安5種を徹底比較!海外旅行はこれで決まり!
海外旅行中は何かとデータ量の消費が多いですよね。写真を撮ったり、友人と電話したり、次に行くお店を探したり…。そんな中でぜひ使いたいのが「レンタルWi-Fi」。期間とデータ量を決めてポケットWi-Fi(モバイルWi-Fi)を借りるサービスです...

まとめ

90年代を代表するロマンティック・コメディー、映画ノッティングヒルの恋人。今回は映画の題名にもなっているロンドン西部「ノッティングヒル」を中心に映画のロケ地や観光スポットなどを紹介していきました。

アンティークショップと書店が連なるこのエリアは、ロマンティックそのもの!ぜひ1日がかりでゆっくりと探索してみてくださいね。

コメント 記事の感想やライターさんへの応援メッセージを送ろう!

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました